2014年08月19日

Keith Richard's quotes

「相手の頭をブン殴るには、やっぱりギブソンよりフェンダーなんだ。 完璧だぜ、あれは。テレキャスのカーブほど首筋にピッタシはまるもんはない」

「ロックの王様だって。王様なんていないさ。ロックの世界は民主主義だからな」

「生まれてこのかた神聖さと名の付くものとは全く無縁な人生を送ってきた俺にとっては、 ストーンズとしてロックンロールを演り続けることこそが唯一の宗教なんだ」


記者「麻薬に染まる若者にメッセージを」キース「死ぬなよ!」

「やった、元気になった!これでドラックができる!」(薬漬けになって病院から退院した時)

「ロールのないロックンロールほど陳腐なものはない。みんなロールは忘れてロックだけを残したが。ロールはまったくもって最高なんだ。ロールは王様だ。残念ながらほとんどのミュージシャンはロールを支持していないが」

「俺達ゃみんな突き詰めればアフリカから来てるはずなんだ。俺達は
ただ北上して白くなっただけさ。けどどんな人間だって、切って開いてみりゃ
骨は白くて血は赤いだろ、な、どっか深い所で繋がってんだよ」

「ロックロックって、ロールはどうしちまったんだい?ロックンロールが
ロックンロールって呼ばれてるのはそれなりの理由があるわけで、ロックンロールには
そもそも、あるスウィングがあったから、ロックとロールなんだよ」

「一晩二晩は世界最強のロックンロールバンドって言ってもらってもいいけど、毎晩毎晩違うのが最高のロックンロールバンドなんだ。波があるに決まってるんだ。
そうじゃないと味気ない、ただの直線だ。心電図みたいなもんで、直線だっていうのは、つまり死んでるって事なんだ、ベイビー」

「良いアルバムが作れなくなると、急に平和や環境問題のことを言い出すやつがいるけどな」

「ミックは生涯の友達だよ。俺のパートナーさ、結婚を超えた間柄だ。
4歳のとき、公園の砂場で出会ったんだ。小さなバケツを持ってたっけ…、
今も変わらない(笑)。ふたりの関係はとても複雑で、俺自身もどんなものか
理解できてない。でも、ミックと俺がギターを持って部屋に入れば、そこには
ストーンズがあるし、音楽があるんだ」

「早弾きよりコードをもっと覚えたらどうなんだ、基礎をやれ基礎をっていう。
西部一の早撃ちガンマンは誰だっていう世界じゃないんだからよ。ガンマンってのは
たいていが若死にするもんだ」

「ロックをやるのは「芸能人(Artiste)」であって「芸術家(Artist)」じゃない。
ピート・タウンジェントとは いつもそこで意見が分かれるんだけどね。俺は自分をArtisteだと思っているが、奴には最後の“e”が付かないらしい」

インタビュアー「人を殺したことはありますか?」
キース・リチャーズ「プライベートな事は聞くな」

          キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)
posted by Clark at 10:59 | Comment(0) | WORDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金言集 音楽論編

Music

「全ての芸術は、音楽の状態を志向している」
  ウォルター・ベイター


「音楽は無意識に数学するものである」
  ショーペンハウエル


「音楽は形容詞を表現するが、名詞は表現しない」
  ハンスリック


「音楽は宇宙の観念を与える。
全ての芸術は多少なりともそうである。
芸術は調和であり、調和とは宇宙の翻訳なのだから」
  ボードレール


「音楽は流れる建築であり、 建築は凍れる音楽である」
  シュレーゲル


「音楽について最も讃嘆すべきは、 微妙きわまる人間の聴感と霊魂だ」
  グールモン


「おお、音楽よ。人生のあらゆる声が木霊する神秘の洞窟よ」
  アンリ・ド・レニエ


「音楽は人類の持つ普遍的な言である」
  ロングフェロー


「地獄は素人音楽家で満員だ」
  バーナード・ショー


「その背後に思想無くして、真の音楽は無い」
  ショパン


「音楽は猛々しい胸を和めて、岩をやわらげ、節ある樫の木をも曲げる魅力を持っている」
  ウィリアム・コングリーヴ


「甘美な音楽を聴きつつ、我を詩に臨ませよ」
  ミラボー 『臨終の言』より


「音楽は、楽器から音が放たれた時点では、まだ完成していない。演奏者や聴衆の耳に入り、解釈された時点で存在し始める」


「音楽について、最も讃嘆すべきは、美妙極まる人間の聴官と霊魂である」
  グールモン


「何かを表現しようとする時、そこに表現されるものが存在するのではない。ただ、表現しようとする行為のみが存在する」


「自分の人生の中に取り入れなくちゃならない、
真実を発見するのを手助けしてくれるのが音楽なのよ」
  アラニス・モリセット


「母国語は僕の第二言語だ、音楽こそが僕の、
そして人類共通の第一言語なのです」
(チェロとは)「私は「人間の声の中で、一番、”祈り”の声に近い音」と表現したいのです」
  ミーシャ・マイスキー


「現実の世界は辛く、悲しい出来事も多いが、
音楽は一時的にでも、
そこからより高い世界へ連れてゆけるものだと信じている」
  ソニー・ロリンズ


「音楽とは美しい庭園だ。
そして、自分はその中の一つの植物なのだ」
  あるピアニスト


「今、生きているうちにやらなければならない」
  あるブルーズマン


「私は「たった一つの音」を聞くために、私は音楽を続けている。
40年の音楽生活の中で私は三回だけ、その音を聞いたことがあるんだ」
  あるギタリスト


「コンサートでは観客を喜ばせる為に演奏する。
そこに悲しんでいる人がいれば、その心を慰める為に演奏する。
そして、こんな曇り空の日は、世界が美しいと信じる為にアコーディオンを弾くんだ」
  あるアコーディオン弾き


「音楽は何かを表現しているようで、実際は何も表現していない」
  ストラヴィンスキー


「求めたのはありのままの姿、
音楽には常に誠実で無くてはならない」


「ダイナミクスとは、強弱の適切な配置である」


「音楽は、作られるのではなく産み出される」


「全ての音楽は死に向かって流れる」
posted by Clark at 06:23 | Comment(0) | WORDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金言集 芸術編

「芸術はそれ自身目的ではない。
人間性を表現する為の手段である」
  ムソルグスキー(ロシアの音楽家)


「芸術が人生を模倣するよりも遥かに多く、
人生が芸術を模倣する」
  ワイルド


「芸術とは、人間が心の中に高まる感情を、 最高最善のものへと移行させる人間活動である」
  トルストイ


「芸術とは、自然が人間に映ったものであり、
肝心な事は、鏡を磨く事です」
  ロダン


「芸術家はまず何よりも人間である。
ゆえに彼は、彼の時代の愛情、憎悪、情熱、信仰、そして偏見を、 それを認めるにせよ、排せるにせよ、これを彼の作品に反映させる事が出来る ―神聖な芸術が、彼にとって常に目的であって手段で無い限りにおいて」
  ゴーチエ


「芸術家の天職は、
人心の奥深くに光を送り込むことである」
  シューマン


「芸術家は人生を愛し、その美しさを我々に見せてくれなければならぬ。 世に芸術家というものがいなかったら、我々は人生の美しさを到底本当には知らないであろう」
  アナトール・フランス


「人生は短く、芸術は長し」
  ヒポクラテス


「芸術は人生と同じく、深く入り込めば入り込むほど広くなるものである」
「建築家は無数の部屋を作るが、いつもその部屋部屋から追い出されなければならない」   ゲーテ


「芸術のための芸術」
  クーザン


「芸術は生命理解の器である」
  ディルタイ


「芸術は私である。
科学は我々である」
  クロード・ベルナール


「偉大な芸術家は、模倣せずに盗む」
  パブロ・ピカソ


「明瞭さとは、明暗の適切な配置である」
  ハーマン


「芸術に従って芸術を作ってはならぬ」
  ジャン・コクトー


「芸術家とは、才能があって、
いつでも初心者のつもりでいる人間の事だ」
  ルナール


「美意識は規律性の最後の精妙な仕上げとなるであろう」
  マカレンコ


「芸術とは、
人間の中に再創造せられたる全宇宙である」
  エミール・アントワーヌ・ブールデル


「明瞭さとは、明暗の適切な配置である」
  ハーマン


「美は均衡に何か奇妙なところが無ければ存在しえない」
  ベーコン


「芸術に進化や退化といったものはない。ただそこにあるだけだ」


「美は真を判断する」
  アラン
posted by Clark at 06:22 | Comment(0) | WORDS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。