2014年08月19日

舞台/ステージ用語集

・舞台/ステージ用語集






特に音楽のライブ・ステージにおいて使われる専門用語集です。

ライブ・ステージの現場では演劇・TV・映画業界から入ったいわゆる「業界用語」や、大工さんや職人さんが使う乱暴な言い回しの隠語、音響学・工学系の専門用語など様々な用語が飛び交います。

(知らないと困るけど、業界に足を踏み入れて一辺に覚えなきゃいけない事が多いと、誰しもたじろぐものなので)



あと、演奏者や役者さんであっても、(特に自分自身、自分のマネージャーたりえなくてはならないアマチュアやセミプロでは)ある程度の用語は知っておくにこした事はありません。



あくまで、僕が現場で経験した用語を元にしているので、他の現場では同じ呼び名が別の意味で使われている、という場合もあるかもしれません。

(あくまで参考までにどうぞ)


posted by Clark at 05:58 | Comment(0) | 専門用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

逆引きパート・楽器名略号辞典

逆引きパート・楽器名略号辞典


(ABC順)。

・第一奏者、第二奏者と序列がある場合、"1st Vln."といった具合に前方に序数を配すか、"Vln. Ⅲ"といった具合に後方にローマ数字を配する。
 ロックやポップス等においては代わりに、"Lead-Gu."(リード・ギター)や"Rythm Gu."(リズム・ギター)といった具合に、そのパートの役割分担を付する場合も多い。

・管楽器の移調楽器の場合、"B♭-Cl"や"A-Sx in E♭"といった具合に調名を記す
 (特にクラリネットでは記述される)

・アルファベットの大文字と小文字に関しては様々な表記が見られる。
 決まり切ったルールはないが、"Trombone=Tb"の様に一単語を略記する時には大文字と小文字の組み合わせを、"Tenor Saxophone=TS"の様に二単語を略記する時には二つの大文字を用いて区別する事も多い。
(例外的にピアノは"pf"と表記される事が多い)

A
 アルト alto

Acc.
 アコーディオン accordeon

a-fl
 アルト・フルート alto flute

AG, Acco.G
 アコースティック・ギター acoustic guitar

Alto
 アルト(声楽)、ヴィオラ viola(仏語でアルト(alto))

Alto Sx, As
 アルト・サックス alto saxophone

AUB
 アコースティック・アップライト・ベース(EUBに対して通常のコントラバスを指す)

B Ba Bass Bs
 ベース。声楽のバス(声楽)。英語圏の管弦楽においてはチューバを指す。特定の楽器ではなく、低音部を担うセクションの総称としても用いられる(例えば、古典弦楽においてはチェロとコントラバスは同様の譜面でオクターブ違いの声部を演奏をする)。

bandneon bandoneon
 バンドネオン

batterie
 ドラムス (仏語名による)

bcl b-cl
 バス・クラリネット bass clarinet

B.D.
 バス・ドラム(大太鼓) bass drum

bell
 ベル、チューブラ・ベル

Bn.
 ファゴット (Fg.が一般的)

Bon.
 バスーン

Br.
 ヴィオラ (Va. Vla. Alto.とも)

bs
 バリトン・サックス

btb
 バストロンボーン

bugle
 フリューゲルホルン (仏語表記から。flh(英語表記)が一般的)

cello
 チェロ

Cemb.
 チェンバロ

Cb
 コントラバス

chant
 ヴォーカル (仏語表記による。Voが一般的)

Cho.
 コーラス chorとも

C.I.
 イングリッシュ・ホルン(コルノ・イングリッシュ(伊)Corno-Inglese)

Cl. cl
 クラリネット (Kl.とも)

con
コンサートマスター。masとも。

cond
 指揮者 conductor

conga
 コンガ

Cor. Cr.
 コルネット(英)、ホルン(コルノ(伊)corno、コール(仏)corから。英語表記ではFrh.)

Cym. Cymb.
 シンバル

direction
 指揮者 (仏語表記による。英語表記はCond.)

ds
 ドラムス

E.H.
 イングリッシュ・ホルン

el-b
 エレクトリック・ベース

elg
 エレクトリック・ギター

el-org
 エレクトリック・オルガン

el-p
 エレクトリック・ピアノ

D.B.
 ダブル・ベース(=コントラバス)

EB
 エレクトリック・ベース・ギター *EUBとの違いに注意

EUB
 エレクトリック・アップライト・ベース

F-Cho.
 女声コーラス

Fg.
 ファゴット

fisarmonica
 アコーディオン(伊語名。英語表記はacc.)

fl
 フルート

flh
 フリューゲル・ホルン(F.Hr)とも

g Gt Gu. gui
 ギター(クラシック・ギター、エレクトリックアコースティック・ギターを全て含む)

glo, Gloc.
 グロッケンスピール(鉄琴)

hautbois
 オーボエ(仏語名。英語表記はob)

hca
 ハーモニカ

hg
 ハーディーガーディー (古典楽器の一。回転ドラム式の擦弦楽器。「手回しオルガン」とも)

H.H.
 ハイハット(・シンバル) hi-hat cymbals

Hr.
 ホルン horn (Cor.)

hrp. harp
Hp.
 ハープ。ジャズやポップスではハーモニカを意味する事も。(後者はhcaとも)

harps
 ハープシコード

key
 キーボード keyboard (通例、カッコを付けるなどして「音色」を指示する)

kb
 キーボード *「コントラバッソ(独)Kontrabass」からコントラバスを指す場合もある。

Kl. klar.
 クラリネット(独)Klarinette (Cl.が一般的)

mas
コンサートマスター (conとも)

mar
マリンバ

M-Cho.
 男声コーラス

Ob.
 オーボエ oboe

org.
 オルガン organ

Ott.
 ピッコロ(オッタービノ(伊)ottavinoから)

p, pf, Pia.
 ピアノ piano

Pc-**
 ピッコロ・〜。(ピッコロ・トロンボーン、ピッコロ・ギターなど)

pc-b
 ピッコロ・バス。バス・ピッコロ

per, Perc.
 パーカッション

pic, picc Pte.fl.
 ピッコロ

Pk.
 ティンパニ

Pos.
 トロンボーン (ポザーヌ(独)Posauneから) cf.Tb

REED reed
 リード楽器の総称(曲中に持ち換えがある場合などのパート名として用いられる)

Sax. Saxf. Saxp.
 サキソフォン

S.B. String-B
 ストリング・ベース(弦バス=コントラバス。吹奏楽におけるバス・クラリネット等と区別する為の呼び名)

S.D.
 スネア・ドラム (Snとも)

solo
ソロ。管弦楽等で独奏者(通例、第一奏者)が独奏パートにおいて用いる譜面(独奏パート以外は他の奏者と同じパート譜を併用する事も多い)。ジャズやロック、ポップスにおいては「テーマ」と対比しての「アドリブ・パート」等の譜面を指す事も多い。

Sopranino
ソプラニーノ・サックス (ソプラノ・サックスよりさらに高い音域を奏するサックス)

Soprano
ソプラノ(声楽)。吹奏楽においては通例、ソプラノ・サックスを指す。

Ss ss
 ソプラノ・サックス soprano saxophone

Syn. Synth.
 シンセサイザー *(具体的に機種名が記される事もある)

Sx
 サキソフォン

T tenor
 テナー、テノール(声楽)、テナー・サックス

Tb
 トロンボーン。
他に"Trb","Tbn","Pos"などがあるが、"Tb"だと"Tuba"、"Trb"だと“Tromba”と混同されうるため、特にクラシック音楽の分野では"Tbn"或いは"Pos"の略記が用いられる。
(ジャズのマニュスクリプトなどでは"bone"と書かれている事もある)

timbales
 シンバル

Timp.
 ティンパニ

tom
タムタム

tp, Trp.
 トランペット

Trb.
 トロンボーン *「トロンバ(伊)Tromba」でトランペットを指す場合も

tri
トライアングル

Try.
 トライアングル

ts
 テナー・サックス

tu, tub
 チューバ

Va.
 ヴィオラ (Vla. Br. Altoとも)

Vc. Vlc.
 チェロ(ヴァイオロンセロ(伊)Violonsello)

vib
 ヴィブラフォン

Vla.
 ヴィオラ (Va. Br. Altoとも)

vln
 ヴァイオリン

vo
 ヴォーカル、ヴォイス

w-b
 ウッド・ベース(「ウッド・ベース」は和製英語 *"Wood Bass"という商品名のエレクトリック・ベースもある)

Xyl.
 シロフォン(木琴)


posted by Clark at 13:55 | Comment(0) | 専門用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。