2014年08月26日

路上演奏のルール

暗黙のルールやマナー、伝統、コツ、自衛策のようなものなどなど。
路上演奏家のルール

音量と時間帯に注意

基本中の基本として、アンプなどの音量には注意しましょう。
そして、どうしても大きな音の出てしまう楽器は場所や時間帯に配慮して下さい。
苦情がきてその場所で演奏できなくなれば、困るのはあなたとほかの演奏者たちです。

他の演奏者と適度な距離を保つ

相手に負けないようにと大声を張り上げてしまっては、演奏者にとっても通行人にとっても悲劇でしかありません。
どうしても場所がない場合、休憩時間をずらすなど、交替して演奏する事も良くあります。
「先にいた方が優先」というのが一般的ですが、それも考え方の一つにすぎないととらえておくべきです。
路上は誰のものでもないので、お互い譲り合い、融通を利かせて分かち合いましょう。

路上演奏家同士、挨拶して仲良くしておくに越したことはありません。何か困った時に助け合えるのも、路上の仲間たちです。

バスケットの紙幣はすぐに仕舞う

バスケットやギター・ケースの中に入れられたお札をそのままにしておく事は、自分からトラブルを招いているようなものです。

「ショバ代」は絶対に払ってはいけない

彼らにお金を渡すぐらいなら、さっさと退散するのが上策です。
将来の事を考えるなら、絶対に彼らと関わり合いを持ってはいけません。

ゴミは持ち帰る

自分の出したゴミは当然として、観客のだしたゴミ(空き缶や吸い殻など)も片付けるのが演奏者の仕事です。
あらぬ誤解を受けない為にも、自分の演奏していたサイト周辺のゴミは拾い集めるのが理想です。

通行を妨げない

通行人に遠回りをさせるような位置どりは、絶対に控えるべきです。
不必要に場所を占拠するようなギターケースやバスケットの置き方も考えものです。

酔っ払いの相手はしない

酔っぱらったり支離滅裂な会話をする人とは、正面から話し合っても深みにはまるだけです。
適当に受け流すか、早々に退散するコツをつかみましょう。

観客の誘導も演奏者の仕事

お客さんが大勢立ち止まったり、座り込んだりして通行を妨げるようになったら、邪魔にならない場所へ上手く誘導する事も演奏者の仕事です。
路上演奏自体が合法とはいえませんが、路上で集会を開くと立派な犯罪として検挙される事すらあります。

路上とは通過する場所

路上が通過する場所であるという事は、演奏が気に食わなければそのまま通り過ぎればよいという事です。
そのため、タクシーの待合場やオープン・カフェ、屋台など、聞き手が簡単には移動できない場所のすぐそばで演奏するのは止めましょう。

自分の身を守るのは自分

特に女性は、人通りの少ない時間になったら早めに撤収を考えてください。
昼間の治安と夜の治安は大きく変わります。

また、上記の様なルールに配慮し、自からトラブルを招かないようにしましょう。


出典『路上日記
タグ:路上演奏
posted by Clark at 14:45 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。