2014年08月31日

Lullaby of Birdland

「あなたが溜め息をつくと、いつも聞こえてくる音
         それがバードランドの子守唄」

バードランドの子守唄(Lullaby of Birdland) - 1952年、盲目のジャズ・ピアニスト、ジョージ・シアリングが作曲したスタンダードナンバー。

バードランド(Birdland)は、ニューヨーク・マンハッタンにあった往年の名ジャズクラブ。1949年当時ジャズのメッカであった、ブロードウェイの52丁目にオープンし、ジャズの黄金時代を牽引した。名前は、チャーリー・パーカーのニックネーム「バード」にちなんでいる。1965年に閉店。その後20年の時を経て1986年にブロードウェイの106丁目で同名の店が営業を開始した。現在は44丁目に移転し営業している。(Wikipedia)


タイトルの「バードランド」とは、ニューヨーク・マンハッタンにあったジャズクラブの名称。
ちなみにその店名は、アルトサックス奏者で 「モダン・ジャズ(ビ・バップ)の父」 と言われたCharlie Parkerのニックネーム、Bird (バード)にちなんでいる。
そのニックネームは、一説によれば貧しかった頃のパーカーが食べ放題のチキンを大量に食べたことから仲間たちが呼び出したものとされる。それが、転じて様々な鳥たち(ジャズミュージシャン)が集まって様々な鳴き声を奏でる場所(ジャズクラブ)を指す名前に用いられるようになったのはパーカーが演奏家としての名声を博してからのこと。

本曲はそのジャズクラブ・バードランドのライブを締めくくるテーマ曲として作曲されたという。
賑やかなステージを終えて、家路に誘う「子守歌」として。

歌詞について


歌詞は既に完成した楽曲に後付けで作詞されたものだが、「バードランドの子守歌」というタイトルと、鳥たちがさえずりあっているような詩情溢れるメロディに巧くマッチしたものとなっている。
"two turtledoves, bill and coo"(二羽のキジバトがクチバシを触れあい、優しくさえずる)といった歌詞は小鳥達の様子を描いたものだが、"turtledove"(キジバト)には「恋人」という比喩的意味合いがある。
つまり、二羽の小鳥が戯れる様子と、恋人同士が口づけを交わし、愛を囁き合う様子を重ねているわけだ。

作詞はGeorge David Weiss。
本曲の他、ベトナム戦争を嘆いて、1967年、音楽プロデューサーのBob ThieleとGeorge Weissの共作した"What A Wondrful World"でも知られている。
2010年8月23日、89歳で逝去。
作曲者ジョージ・シアリングは、2011年のバレンタインデー2月14日、91歳で逝去した。

cf. ジョージ・シアリングによるピアノ演奏 @YOUTUBE

  サラ・ヴォーンによるヴォーカル・バージョン @YOUTUBE
posted by Clark at 11:42 | Comment(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。