2014年08月19日

照明用語

照明用語


アオリ
対象を下から仰ぐように照明すること。またはその照明。

あおる
上記の「あおり」としての意味の他、照明の点灯を確認する為に点灯、消灯を繰り返し行なう時「あおって」という。

あげる
照明を明るくすること。または、照明バトンを上昇させること。

アッパー・ホリゾント・ライト
ホリゾントを上部から照らす照明。仕込図では「UHL」と表記。
ロワー・ホリゾント・ライトと対向するように設置される。

いかす
照明を点灯すること。または回路に電源を入れること。

SS(エスエス)
ステージ・スポットライトのこと。

エレベーション
照明プラン図。または仕込み図。

おかま
スクープ・ライトのこと。
* 美容室でパーマに使う「おかま」に似ている。

おさえ
キー・ライトによってできた影の部分や暗い部分を補正するための照明。

また、補助ライトで不必要な影を取り除く事を「おさえる」という

キー・ライト
主光線。舞台上の中心人物に対する、基本的な照明技法。

クロマ
彩度。色の鮮やかさ。またはクロマ信号(色度信号)の略。

ゲージをとる
照明の明るさの標準値を決めること。

サイド・ライト
横からの照明。測光。

サイト・ライン
ステージに対する観客の視線をいう。
劇場の設計および照明計画に重要な要素となる。

さお
ステージ上から、(バトンを下げずに)照明の向きを変える為の長い棒。
吊り上げ等の終わった後の、シューティング時の細かい調整に用いる。
* レンズを割ったりせずに長い竿をバランスとって扱うには、ある程度が必要。

鎮(しず)
錘(おもり)のこと。バトンの上げ下げなどのカウンターウェイトや足場の支えとして綱元で使われる。

サスペンション・ライト
真下に向けた照明。サスとも。

地明かり
ステージ床面を均一に照明する明り。

照度
受光面の光量。

シューティング
照明の向き、特にステージ上のスポット・ライトの向きや絞りを調整・固定していく作業。「当たり」、「当たりをとる」とも呼ぶ。
「建て込み」の終わった後、ステージ上に代役や人型を配置して行う。

たこ
照明分岐用コード。

タッチライト
アクセントを付けるための照明。音楽ステージではホリゾントやサイド・ライトによく用いられる。

吊込み
照明プラン図に基づいて、指定の照明器具を指定された位置に吊り下げること。

ティルト
照明の光軸をステージに対して縦方向に動かすこと。上方向は「ティルト・アップ」、下方向は「ティルト・ダウン」という。

トップライト
対象の真上からの照明のこと。

中落ち
スポットライトの配光特性において、光軸の中心線より周辺の照度または光度が高くなる現象。
中ボケとも。

生明かり(なまあかり)
スポット・レンズから出されたままの、色の付けていない明かり。

バウンスライト
光源からの直接光を使用せず天井・壁・レフ版などを用い、拡散された反射光。
間接光はバウンスライトを活用したものが多い。間接照明とも。

バック・ライト
ステージ後方から客席に向けたライト。
演奏者のシルエットを浮き上がらせたり、観客に直接視覚効果を与える為に用いる。

パン
照明の光軸の向きを左右に振ること。 パンニングとも。
* 元々は上記のように左右方向の向きを指したが、現在では「上パン」、「縦パン」といった言葉を用いて、あらゆる方向への向きの変更にも用いる。

ピン
ピント、フォーカスのこと。
* 「ジャスピン」とはピントがよく合っていること。

フット・ライト
ステージ前端の下方から当てる照明。

プラグ
電源を接続するための端子で、オス側をプラグ、メス側をコンセント、ポケットなどという。
照明器具では家庭用電源より大電流を扱う為、A型、C型、D型といった種類がある。

ブラック・ライト
紫外線ライトのこと。

明転
舞台が明るいままセットの転換をすること。暗転(あんてん)の対義。「あかてん」と呼ぶ事もある。

リフレクター・ランプ
白熱電球、あるいは放電ランプのガラス球内面に反射装置を設け、配光に指向性を持たせたもの。

ロアー・ホリゾント・ライト
ホリゾントを下部から照らす照明。
アッパー・ホリゾント・ライトと対向するように設置される。
仕込図では「LHL」と表記。


posted by Clark at 06:01 | Comment(0) | 専門用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。