2014年08月19日

特殊奏法 小道具編

 ここでは、小道具を使った特殊奏法について解説します。


★バイオリンの弓
 ピックの代わりにヴァイオリンの弓(ビオラやチェロ、コントラバスの弓でも可)を用いて弦を鳴らす奏法です。
 コツとしては、表板がフラットなギターより丸みを帯びたギターで、弦も丸みを帯びて並んだギターの方が良いとする記述がよく見かけられますが、実際には大した違いはなく、一弦と六弦以外を個別に弾く事は困難です。
 弓をゆっくりと動かしてボウイング(擦弦)するだけでなく、小刻みに弓を動かしてトレモロしたり、弦全体を叩いてコードトーンを出すと効果的です。
 ボウイングは、ディレイなどのエフェクトと組み合わせて特殊効果的に用いる方法論が有名ですが、工夫次第では他の楽器と面白いアンサンブルをする事も出来る、可能性を秘めた演奏法といえるでしょう。

 バイオリンの弓を用いた奏法では、当然ながら本来のヴァイオリンで用いる様々な奏法を応用することが出来ます。以下に、そのいくつかを紹介します。

・コル・レーニョ(col legno)
 弓の毛ではなく棒の部分で叩く奏法。カタカタという打楽器的な音や、効果音的に不気味な音を出すためなどに用います。

・スル・ポンティチェロ(sul ponticello)
 駒(ブリッジ)のすぐそばでボウイングする奏法。
 キーキーという黒板を引っ掻く様な、耳障りな音色がします。

・スル・タスト
 ボディの極力ネックに近い側、もしくは指板の上でボウイングする奏法。
 音量は減少するが, 音色は柔らかくなります。

・フラジオレット(flageolet)
 いわゆるハーモニクスと同じですが、ボウイングした場合、弦を弾いた時とは全く違った笛の様な音がします。
 ヴァイオリンの技法としては、左手の人差し指で押弦し、小指の腹の部分でハーモニクス・ポイントに触れる方法がよく用いられます。

*一般に「ヴァイオリン奏法」と呼ばれる奏法は、ヴォリュームノブやヴォリュームペダルを駆使し、音色のアタック音を無くして滑らかに音を立ち上げる演奏法の事で、ここで述べる奏法とは別のものを指します。



★ドラムスティック
 主な奏法としては、ボディを叩いて純粋に打楽器的な音を出したり、弦全体を叩いて打撃音にコードトーンが混じったような音を出して演奏します。
 その際、ボディや弦の反発力を活かすように、あまり力を入れずにリズミックに叩くと効果的でしょう。
 他にもギロの様にスティックで弦を擦ったり、バックスティック(スティックの握りの側)をスライドバーの様に擦りつけてもフリーキーなトーンを出すことが出来ます。

 この奏法は何もドラムスティックに限ったものでなく、要は棒状の物体であれば何でも応用可能です。
 アーミング・バーやレンチを使って金属的な響きを活かしたり、前述したヴァイオリンの弓の木の部分を使って叩くのも良いでしょう。



★マイクスタンド
 あなたがもしコーラスやMCのために目の前にマイクスタンドを置いたギタリストであるならば、それを利用しない手はありません。
 下記にマイクスタンドの基本的な応用例について触れておきます。

・スライド・プレイ
 スタンドをスライドバーの代わりとして用いる奏法です。
 一般的には、緩やかなグリッサンドなどによって、ここぞという時に効果音を入れる為に用いられます。
 しかし、この奏法は単なる見かけ倒しのステージ・アクションだけではありません。マイク・スタンドを固定してスライド・バーとして用いている場合、左手は自由に動かせます。つまり、余った左手でフィンガリングする事で、二本の腕だけでは得られない特殊な和音や音程変化を得る事が出来るのです。
 
・マイクスタンド・クロス
 これは、上述のスライドプレイと似ていますが、スタンドを指板そのものに押しつけてグリグリと音を出すプレイ。いわゆるネック・クロスのマイクスタンド版です。
 マイク・スタンドを傾け、倒れる寸前にマイク・ケーブルを引いて元に戻す、いわゆる「マイク・スタンドだるま起こし」と併用するなどして、視覚的にもアピールするのが一般的な用い方です。

・ハーモニクス・ポイント
 マイク・スタンドをハーモニクス・ポイントとして利用するのも良く見かけられるステージ・アクションです。
 つまり、十分に歪ませたギターでロング・コードなどを弾き、右手でアクションをとりつつ、マイク・スタンドをフィンガリングの12フレット上などに触れさせてハーモニクス音を得るわけです。



★右手スライドバー
 ギターにスライドバーを使うなんて、当たり前すぎて特殊奏法とはいえないと思った方も多くいる事でしょう。しかし、ここで述べるのは右手(左利きの場合は左手)にスライドバーをはめる奏法についてです。
 右手スライドバーの主な奏法は、以下の二種です。

・テールピース・スライド
 ブリッジぎりぎりの位置にスライドバーを置き、ネック側を撥弦して音程を変化させる奏法です。
 実際この方法で正確な協和音程を得るのは難しいのですが、左手スライドバーには出来ない、エグい音程変化がこの奏法の魅力です。つまり、この方法で和音を弾いてバーを動かした場合、ロー・フレット(あるいは開放弦)の音程は僅かしか変化しないのに対し、ハイ・フレットを押さえた弦の音程は急激に変化するのです。

・スライドバー・ピッキング
 スライドバーを主に右手の人差し指などに嵌めて、ピックの様に用いる奏法です。通常のピッキングと違い、音色には金属的な摩擦音の混じった独特のアタック音が伴います。 特に16ビートのカッティングやスウィープ・ピッキングなどに用いると効果的で、スライドバー独特の滑らかさが貴方の音色に独特の艶と潤いを与えてくれるでしょう。

注意事項:薬指や小指に装着することを想定されたスライドバーを、人差し指にはめて長時間ピッキングすると抜けなくなる恐れがあります。



★マラカス、シェイカー
 右手スライドバーの応用で、表面が滑らかなタイプのマラカスやシェイカーを使ってピッキングします。
 ギターやシェイカー本来の音色に独特の打撃音や摩擦音が混じり、えもいわれぬトーンを醸し出すことが出来ます。
 これもカッティングに用いると効果的な奏法です。特に、弦を弾かない間も空ピックとして腕を振り続ければ、パーカッションとしてのビートは継続できて効果的です。
タグ:ギター
posted by Clark at 05:36 | Comment(0) | 特殊奏法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。