2014年08月19日

特殊奏法 アクション編

 ここでは、主にライブにおけるステージアクションに関わる奏法を取り上げます。ほとんどは、エレクトリック・ギターの使用を前提として書かれているのでご注意ください。
 激しいステージアクションは、しばしば大事故や共演者との衝突の原因になります。危険なアクションをする時には、必ず安全に注意し、周囲に十分なスペースがある事を確認して行うようにしましょう。


★ジャッキング奏法
 スイッチング奏法といえば、ストラト弾きなら誰でも一度は憧れた事があるでしょう(そんな事ない?)。いわゆる、片方のピックアップのボリュームを0にし、ピックアップセレクタ(トグルスイッチ)を動かして断続的に音を途切れさせる奏法のことです。
 しかし、このスイッチング奏法、レスポールやSGの様な2ピックアップタイプのギターでしか出来ないと思っている人はいないでしょうか?
 このスイッチング奏法と同じような効果を、ストラトタイプや自分のようにボリュームノブが無いギター(?)でも再現できるのが「ジャッキング奏法」です。
 やり方は簡単で、右手でシールドのジャック部を持ち、抜き差しするだけ。
 コツはジャック部の形状にもよりますが、シールド先端が90度に折れ曲がったタイプより、直線タイプの方がやり易いです。

 この奏法の効果的なところは、スイッチング奏法と違い、ジャックの抜き差しと同時に凶悪なクラックノイズが発生してアクセントとなることです。
 スピーカーの設定によってはこのクラックノイズが非常に耳障りになってしまいますが、ジャッキング奏法ではこのクラックノイズを積極的に利用し、抜き放ったジャック部を弦やマイクスタンドなどの金属部に叩きつけて更なる効果音を得ることも可能です(こうなってしまうともはやギターを必要とせず、ギターの奏法とは呼べなくなりますが…)。
 また、ドラマーがシンバルのハンドミュートを用い、ベーシストや他のギタリストと一緒にバンド全体がタイミングを合わせてスイッチングすると、まるでレコードの針が飛んだかのような効果を生むことが可能です。その際、ヴォーカリストはマイクのスイッチをオンオフするか、バンド全体の指揮をすると良いでしょう。

注意事項:当然ながら、この奏法を多用するとシールドやギター側ジャックの故障が多発します。このページの読者なら、「激しいステージアクションの為にはギターケーブルは消耗品」と割り切っている事と思いますが、ギター側のジャックに関しては…まあ、良く油を差しておくなどすれば多少は損傷の可能性を減らせるでしょう。


★ギター・ウィンドミル
 いわゆる「ギター風車」です。一直線に伸ばした右手を風車のようにグルグルと回転させてコードストロークするピッキングは「ハンド・ウィンドミル」として有名ですが、「ギター・ウィンドミル」とはそれとは似て非なるギター自身を回転させる演奏法(?)です。
 具体的にはストラップを付けたギターを、(右利きの場合)左肩後方に向けて放り投げ、右脇の下から戻って来たところをキャッチする奏法です。
 コツは、
 ・必ず周りに人がいないか、十分な空きスペースがあるかチェックすること
 ・ストラップと上着は、互いに摩擦が大きくならない滑りやすい素材を選ぶこと
 ・ギターを回転させる時には、ためらわずに思いきり良くやること
の三点です。
 特に三点目は重要で、途中でためらって投げる勢いが弱まると回転しきれないギターが後頭部を直撃するなどして大変危険です。
 ストラップに関してはナイロン製がのものが滑りやすくてグッドですが、一枚革ストラップの場合には、ギター・ウィンドミルを行うときだけひねって内側のざらついた部分を外にし、表側の滑りやすい光沢面が触れるようにするのもよいでしょう。
 ストラップはあまり短すぎても回転させにくいですが、長すぎるとギターが地面に激突することがあるので注意が必要です。その為、ギター・ウィンドミルは必ず姿勢を高くして行うようにしてください。

 また、上記以外のコツとしてギターケーブルの処理にも注意しておかなければなりません。
 ワイアレスケーブルを用いたギターならともかく、シールドケーブルにつながった通常のギターではそれが重荷となって回転するギターが中途で失速してしまう事があるからです。
 これを回避するコツは、あらかじめギターケーブルをまたいで左側面に来るようにし(場合によってはそれを左肩に担いで)、回転した後に自然な状態に戻るようにしておく事です。
 つまり、一見ワイルドなステージアクションのかげでも、
 ・周囲の安全を確認する
 ・シールドケーブルを引っかからないように処理する
という、二点をそれとわからないようにあらかじめこなしておく必要があるわけです。

 もう一つのシールドケーブルの処理の仕方として、回転させる前にシールドを抜いてしまうという方法もあります。
 この方法の利点は、ケーブルによる負荷がない分、二回転、三回転といった荒技も可能になるという事です。 
 その際、一回転ごとに手を添えて勢いを付けるのではなく、体全体を軸として大きくひねってギターを回転させたほうが効果的なのは言うまでもありません。 
 連続して二回、三回とギターを回転させれば、オーディエンスは多少なりとも盛り上がるでしょうから、その間にさりげなくシールドケーブルを拾って元に戻し、演奏を再開してください。

注意事項:この奏法は、必ずストラップを付けたギターで行ってください。
 というのも、日常的にこの奏法に慣れ親しむと、アコースティックギターなどのストラップのないギターを使っている時にもギター廻しをしてしまう事があるからです。
 また、切れにくく、外れにくい頑丈なストラップを使う事も肝心です。場合によっては、ストラップエンド部に脱落防止用のアタッチメントを付けたり、ストラップをネジなどでボディに完全に固定してしまうと良いでしょう。
 ストラップの無い状態では、当然ながら、ギターはあらぬ方向に飛んで行ってしまいます(僕は実際に飛んで行ったギターで重傷を負ったベーシストを見たことがあります。投げたのは僕ですが)。


★ギター・クラッシュ
 ライブ中に興奮して自分のギターを破壊したくなる、こんな衝動をギタリストなら一度は感じたことがあるはず。
 そんな「ギター・クラッシュ(いわゆるギター壊し)」をギターが可哀そう、ギターを愛していないなどと非難する人がいますが、そんな人には胸を張ってこういいましょう、「愛には様々なかたちがあるのだ」と。
 さて、「ギター壊し」には周囲からの非難の他にも、ギタリストにとって悩ましいいくつかの問題点があります。

 その一つが、ステージの度にギターを壊していたら財布が持たないという事です。
 これには、多くのプロも使っている方法として「破壊用のギター」を用意するという方法があります。
 といっても毎回、安物のギターを買ってきてそれを壊せばいいというのではありません。
 あらかじめギターに壊れやすくなるように細工を施し、壊した後もまた修復して再び壊すのです。
 まず、カッタウェイ部のホーンなどは叩き落としてボンドで張り直し、簡単に外れるようにしておきます。
 そして、ネック接合部に関してはさすがにボンドだけでは脆いため、ネジを1,2本に減らしたりギリギリまで緩める事で壊れやすくしておくのです(これは、ストラトなどデタッチャブルネックを用いたギターの場合です)。
 ネジを外しておくのにはギターを壊れやすくしておく他にも利点があります。
 ネックが外れるほどギターを叩きつけると、大抵は接合部のネジ穴がダメになります。その際、二回目には一回目に使わなかった方のネジ穴を用いてネックを固定すれば、再びそのギターを「破壊用ギター」として簡単に復帰させることが出来るのです。 

 これらはさらに、周囲への配慮といった点からも重要な処置といえます。
 意外と頑丈なギターを壊そうと熱中するあまり、ギターを叩きつけてギターそのものではなく、ステージの床材やアンプ・スピーカー、共演者などを傷つけてしまうのはよくある事。
 つまり、周囲のものを傷つけないためにも、ギターを予め壊れやすくしておく事は重要なのです。

 ギター・クラッシュにおけるもう一つの問題点は、ギターを壊すと音がしなくなってしまうという事です。
 こう書くと当たり前だと言われそうですが、要はギターを叩きつけて壊し始めているうちはアンプからも激しい衝撃音が出て場を盛り上げるものの、ネックが折れるなどして弦がピックアップ上から離れると驚くほど音がしなくなってしまうという事です。
 アンプから噴出するノイズ音が急に無くなってしまっては、盛り上がりに水を差すことにもなりかねません。これに対する、対処としては以下のようなものが挙げられます。
・ギターにその時だけオンにするファズやブースターを繋いでおいてハウリングが自然発生する状態にし、さらにワウやワーミーでギター破壊後も音色(ノイズ)を変化させられるようにする。
・他のプレーヤーが派手に演奏して盛り上げる(特にドラマーがソロ的に叩きまくって盛り上げる)。
・他のギタリストやキーボディストがSEとして破壊音を鳴らす(うまくタイミングを合わせるのがポイントです)。
・ともかく派手に暴れまくって、いやがおうにも盛り上げる。 


★ネック・クロス
 二人のギタリスト、もしくはギタリストとベーシストの二人が、互いのネックを交差させて指板を押し当て、激しく擦る事によってノイズを出すというステージ・アクションの一つ。
 まるで武士が刀で切り合うかの如く、躊躇いなく激しく擦り付け合うのがポイント。
注意事項:お互いのネックを激しく損傷する怖れのあるアクションの為、嫌がる相手に無理矢理ネック・クロスを強要してはいけません。


★背弾き
 ステージアクションとしては、もはや過去の遺物となった感のある「背弾き」、いわゆる背中でギターを弾く奏法です。
 一見、派手に見えるこの奏法、ギターを演奏した事のない人の中には凄いと思う人もいるようですが、ギタリストならご存知のとおり、実際には全く難しい奏法ではありません。
 ある程度指板を見なくても演奏できるプレーヤーなら、背中で弾くといっても手の向きは変わらない為、大きなポジション移動をしない限り、通常通り演奏できるからです。
(コツとしては、なるだけ小型軽量のギターを選ぶ事、やる前に良くストレッチして体をほぐしておく事、といったところでしょうか)

 さて、前述したとおり実は簡単という事で余り行われなくなった背弾きですが、世界にはこの奏法を継承すべく新たなヴァリエーションを生みだしているギタリスト達がいます。
 ここでは、彼らの開拓精神を称賛するため、その一部を紹介することにします。

・逆手弾き
 ギターを逆さにするのに合わせて、左手も逆にして低音弦側から手を伸ばして演奏する方法です。
 他のギタリストには安易な奏法ではない事が伝わるものの、一般的には努力の割にその難しさが伝わらないことが難点です。

・股弾き
 ストラップを長めに伸ばし、ギターそのものを股の間に吊るし、片方の手を後ろにまわして演奏する奏法です。
 思ったよりも動きづらく、体が硬いと脱出不可能になって醜態をさらしてしまう事、そもそも何でそんな奏法をするのか分からず全く意味不明な事、などが難点といえるでしょう。

・縄跳び奏法
 これは前述の背弾きや股弾きを応用したアヴァンギャルドな奏法です。
 つまり、ストラップを長くしたギターを縄跳びのように跨ぎ、背中から頭越しに元の位置に戻るまで演奏し続けるわけです。
 コツは背中で演奏する際、右手左手をスムーズに持ち帰られるよう練習しておく事、出来るだけリズムのある曲を途切れずに演奏できるようにすると効果的といった事などでしょうか。
 この方法で逆回しをするギタリストもいますが、二重跳びや交差跳びをするギタリストは見たことがありません。もし、それを可能とすれば貴方も伝説のギタリストの仲間入りが出来るかも?
タグ:ギター
posted by Clark at 05:35 | Comment(0) | 特殊奏法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。