2014年08月19日

特殊奏法 ベンド編

 ここではベンド(ベンディング、チョーク、チョーキングとも)及びヴィブラートに関する特殊奏法を紹介します。

 多くの場合、ベンド奏法はヴィブラート奏法に、ヴィブラート奏法はベンド奏法に応用可能な為、合わせて一つの項目としました。
* ここに解説されている幾つかの奏法は、楽器、及び貴方自身に少なからずダメージを与える恐れがあります。ご使用の際は用法、用量を守って正しくお使い下さい。
(一部書きかけです)



ダブルハンド・ベンド / double hand bend


 両手を使ったベンドの総称です。様々な方法がありますが、片手では不可能なワイルドな音程変化が可能なのが特徴です。

 幅広いベンドの際のビビり防止にも効果的。また、左手でヴィブラートをかけつつ右手でベンドをかけるなど、組み合わせにより独特の音程変化を得ることも可能です。



ナット・ベンド / nut bend


 ナットとペグの間の弦を押すベンドです(その為、ナット・ペグ・ベンドとも呼ばれます)。

 この奏法にはいくつかの用途があります。



・開放弦をベンドする。

 賢明な読者諸氏にあっては、通常のベンドが可能だからといってこの奏法の用途が最低音の六弦開放だけに限られないことにはお気づきでしょう。高音弦をナット・ベンドした時の、他の奏法では得られない独特のエグイ音色もこの奏法の魅力の一つです。

・コードトーンをベンドする。

 通常は不可能なコードの任意の弦をベンド出来るのもナット・ベンドの特徴です。

 例えば、オープン・ポジション(開放弦を含んだ一般的なコードの押さえ方)でEマイナーを弾き、三弦ペグ・ナット間を押してベンドするとEメジャーへと変化させられます。

 また、ベンド・ダウンを用いてサスペンディッド・コードなどを協和音に解決させるのも効果的です。

・ハーモニクス音をベンドする。

 いうまでもなく、この奏法は後述するネックベンドと並び、ナチュラル・ハーモニクス音をベンドできる数少ない奏法の一つです。


注意点:

 この奏法には、チューニングが狂いやすいという欠点があります。その為、プレイ中及びプレイ後のチューニングの修正は必須です。

次善の解決策:

 まず、弦は張る前に軽くしごいて捻じれを良く取り、たるみの無いようにテンションをかけながらペグポストに巻き付けます。この際、後で弦自体が伸びても音程変化が少ないよう、ポストに巻きつける回数が少なくなるようにすることがポイントです。

 また、弦とナット間の摩擦を減らす事も肝要です。有名なのはナットの溝に鉛筆の芯を削った粉末などを塗布する方法ですが、テフロン加工された金属製のナットに交換するといった方法もオススメです。



フィンガリング・ナット・ベンド / fingering neck bend


 押弦したフレットとナットの間の弦を右手で引っ張ることによってベンドする奏法です。左手でトリルなどフィンガリング音を鳴らしながら行うと効果的。

 また、弦をつまみあげてベンドしたり、それを弾いて効果音を得るのも奏法もしばしば行われます。同様の方法でヴィブラートを得ることも可能です。



ネック・ベンド / neck bend


 ネックを押し曲げて音程を変化させる奏法です。

 左手でネックに圧力をかけるだけでも音程は変化しますが、右手でボディを抑え込んでテンションをかけるとより効果的。アーム・バーを使ったベンドとは異なる、一味違ったワイルドな音程変化が得られます。

 ストラト・タイプの場合、ストラップの付け根にあたるホーン部分、レスポール・タイプの場合も同様にストラップの付け根があるP.U.セレクター周辺を右手で掴み、下腕全体でボディを抑え込無のが一般的なスタイル。アコースティック・ギターやシット・スタイルの場合、肘で表板のブリッジ周辺を押さえつけるのが良く見られるスタイルです。変則的なスタイルとしてはストラップを長くしてボディを膝で挟む、或いはストラップをさらに長くしてギターそのものを跨いでしまうといった方法がありますが、即座に元のフォームに戻りにくいのが難点ではあります。


問題点:

 この奏法の最大にして唯一の問題点。それは、楽器が壊れてしまうという事です。

 経験上、ストラト等のデタッチャブル・ネック(ネジ留め式)よりも、レスポール等の一体化したネックの方がこの奏法に向いているといえます(そもそもアームのあるギターではあえてこの奏法を使うメリットが余りありません)。一方、デタッチャブル・ネックであれば万一ネックをへし折っても交換による修理が容易というメリットもあります。壊れにくいギターを用いるか、壊れても修理しやすいギターを選ぶか、それは貴方の経済状況と美学次第です。

  また、こうした奏法を用いてギターが壊れたからといって悲嘆にくれることはギターの為にも、貴方自身の為にも決して良いことではありません。愛には時として犠牲が必要なものなのです。



* たとえへし折れなかった場合でも、使用後はネックには往々にして相当の歪みが生じます。その為、この奏法を頻繁に行う際は予めネックベンド用のギターを用意する事を強くお勧めします。





テールピース・ベンド / tailpiece bend


 レスポールやセミアコ・ギターなどで、ブリッジとテールピース間の弦を押し付けてベンドをかける奏法です。ナット・ベンドと似ていますが、一本の弦だけベンドしても他の弦の音程も吊られて変化するというのがこの奏法の特徴(当然、各弦の音程変化の幅には違いが生まれます)。また、右手の位置が近い為、スムーズにベンドに移行できるのも特徴です(その分、視覚的なインパクトは薄まりますが)。

 また、同様の方法でヴィブラートをかける事も可能です。



フラッター・ヴィブラート / flatter vibrato


 左手を人差し指一本で押さえ、残りの指を開き蝶の様にパタパタと羽ばたかせてヴィブラートを得る奏法です。

 親指による支えもネック裏から外し、腕全体を使ってヴィブラートを行うとより効果的。異なる振り幅のヴィブラートを自在に得ることが可能です。

 但し、この奏法、やり過ぎると腱鞘炎を誘引するのでご注意を。



ネック・ヴィブラート / neck vibrato


 ネック・ベンドと同様の方法でヴィブラートをかける奏法です。

 音色変化の仕組みそのものは似ていますが、音色的な効果はもとより、視覚的にも異なるインパクトを与える奏法であるため、狙いに応じた使い分けが肝要であることは言うまでもありません。構え方やフォームなどは上述のネック・ベンドと基本的には同様です。稀にヴィブラートをより深くかけようとアンプやスタンドにヘッドを何度も叩きつけるパフォーマンスをとるギター奏者も見受けられますが、その場合は打撃音によるノイズが主たる効果となるため、本項のヴィブラートとは分けて捉えるべきと筆者は考えます。



*ここで実用的なアドバイスを一つ。こうしたヴィブラートが真に効果的となるのは、異なる奏法を組み合わせて使用する場合です。

 たとえば、アーム・バーで緩やかにベンド・アップしながらネック・ヴィブラートをかけたり、フィードバックやスクラッチを決めながら尚且つヴィブラートをかけるなど。二つ(以上)の奏法を組み合わせることでこの奏法でしか得られない唯一無二の音程変化が得られるのです。



シェイク・ザ・ツリー・ヴィブラート / Shake the Tree vibrato


 ネック・ヴィブラートの一種で、ネックを揺すってヴィブラート効果を得る奏法です。ストラップを利用し、ネックを下方に押しつける様に揺すぶる手法が一般的です。この名称がどういったスラング(隠語)から名付けられたかは深く考えてはいけません。

 後述する「ジャックオフ・ヴィブラート」と組み合わせて使用すると、よりワイルドな効果が得られます。

ナット・ビブラート / nut vibrato


 ナット・ベンドと同様の方法でヴィブラートをかける奏法です。

 ナチュラル・ハーモニクス音に用いると特に効果的です。






ジャックオフ・ヴィブラート / Jack off vibrato


 任意のフレットを中心に素早くスライド・アップとスライド・ダウンを繰り返すことにより、振り幅の大きいヴィブラート効果を生む奏法です。つまり、動作自体は別の奏法であるスライド、あるいはグリッサンド(glissando,グリスとも)の連続といえますが、表現の目的はあくまでヴィブラートをかける事にあります。

 しかし、その呼び名の元になったスラングからも分かるとおり、視覚的にも音程的にも非常にエグい奏法なのでやり過ぎには注意が必要です。



ペグ・ベンド / peg bend、ペグ・ヴィブラート / peg vibrato


ペグ・ダウンやペグ・アップを用いたベンド、及びヴィブラート奏法です。どちらも他の奏法では及ばない無制限な音程変化が特徴の奏法ですが、既にごく一般化した奏法ですのでこれ以上の解説は不要でありましょう。

タグ:ギター
posted by Clark at 05:26 | Comment(0) | 特殊奏法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。